日本捕鯨協会とは インフォメーション プレスリリース ニュース 捕鯨問題Q&A 捕鯨の歴史 勇魚・勇魚通信 捕鯨をめぐる世論 捕鯨に関する決議・宣言 クジラLINK
日本捕鯨協会
英語ページへ 日本捕鯨協会トップへ ホームページトップへ
捕鯨をめぐる世論
内閣府国政モニター(1995年10月)
モニターからの回答数345件

設問(1) 合理的に管理されれば捕鯨は許されるべきとの意見に賛成ですか。
●賛成
約76.8%

●反対
約15.0%

設問(2) 社会的、文化的、歴史的な意義を有する日本の捕鯨は認めるべきと考えますか。
●賛成
約58.4%

●反対
約17.9%

設問(3) どんな条件でも捕鯨は行うべきではないとの意見に賛成ですか。
●賛成
約10.0%

●反対
約68.3%

←「捕鯨をめぐる世論」のトップへ戻る

ページトップへ
日本捕鯨協会とは | インフォメーション | プレスリリース | ニュース | 捕鯨問題Q&A | 捕鯨の歴史 | 勇魚・勇魚通信 | 捕鯨をめぐる世論 | 捕鯨に関する決議・宣言 | クジラLINK
IWC条約を愚弄する輩 | 反捕鯨団体への公開質問状と回答 | 定置網に混獲されたひげ鯨等の取り扱い | 座礁・混獲した鯨類への対処法

  JWA
JAPAN WHALING ASSOCIATION