日本捕鯨協会とは インフォメーション プレスリリース ニュース 捕鯨問題Q&A 捕鯨の歴史 勇魚・勇魚通信 捕鯨をめぐる世論 捕鯨に関する決議・宣言 クジラLINK
日本捕鯨協会
ホームページトップへ 日本捕鯨協会トップへ 英語ページへ
座礁・混獲した鯨類への対処法

目次

1.はじめに

2.座礁・混獲した鯨類とは

3.生存の確認

4.座礁・混獲した鯨類への対処法−「生存」の確認ができた場合

 4−1.救出作業の流れ
 4−2.海岸に座礁している場合
 4−3.定置網に混獲された場合
    [1].救出作業の実際−イルカ等の小型鯨類の場合
    [2].救出作業の実際−ミンククジラ等の中〜大型鯨類の場合
 4−4.定置網以外の漁具に混獲された場合
 4−5.漁港内に鯨類が入ってきた場合
 4−6.救出成功事例

5.座礁・混獲した鯨類への対処法−「生存」の確認ができない場合
 5−1.海岸に座礁している場合
 5−2.河口や漁港内を漂流している場合
 5−3.定置網に混獲された場合
 5−4.定置網以外の漁具に混獲された場合

6.報告

7.DNA試料の採取法

8.水産資源保護法に関わる鯨類の取り扱い

9.参考となる書籍

付録1.座礁・混獲鯨類関係連絡・問い合わせ先
付録2.座礁・混獲鯨類調査記録用紙(現場用)
日本捕鯨協会とは | インフォメーション | プレスリリース | ニュース | 捕鯨問題Q&A | 捕鯨の歴史 | 勇魚・勇魚通信 | 捕鯨をめぐる世論 | 捕鯨に関する決議・宣言 | クジラLINK
IWC条約を愚弄する輩 | 反捕鯨団体への公開質問状と回答 | 定置網に混獲されたひげ鯨等の取り扱い | 座礁・混獲した鯨類への対処法

  JWA
JAPAN WHALING ASSOCIATION