日本捕鯨協会とは インフォメーション プレスリリース ニュース 捕鯨問題Q&A 捕鯨の歴史 勇魚・勇魚通信 捕鯨をめぐる世論 捕鯨に関する決議・宣言 クジラLINK
日本捕鯨協会
ホームページトップへ 日本捕鯨協会トップへ 英語ページへ
プレスリリース
 
2008年(平成20年)3月3日(月)  日本捕鯨協会

シーシェパードがさらなるテロ攻撃
スティーブアーウィン号が日新丸を襲撃

日本時間3月3日午前7時頃、南氷洋鯨類捕獲調査船団所属の調査母船日新丸が、シーシェパード所属のスティーブアーウィン号から、酪酸ビン等約100個を投げ込まれ、海上保安官、調査員を含む4名が、酪酸をあびた。

シーシェパードから度重なるテロ攻撃を受けたことに対し、日本捕鯨協会の中島会長は、「調査船団に乗り込んでいる調査員、乗組員は、公海上で合法的な鯨類捕獲調査に従事するために乗船している。何の罪もない彼等に対して、こうしたテロ活動を行うことは断じて許すことは出来ない。」と強く非難した。

また中島会長は、「乗組員の安全を確保するためにも、スティーブアーウィン号が最後に寄港した豪州政府や同船の旗国であるオランダ政府は、こうしたテロ集団の行為を差止める早急かつ有効な対策をとるべきである」と語った。


ページトップへ
←戻る
日本捕鯨協会とは | インフォメーション | プレスリリース | ニュース | 捕鯨問題Q&A | 捕鯨の歴史 | 勇魚・勇魚通信 | 捕鯨をめぐる世論 | 捕鯨に関する決議・宣言 | クジラLINK
IWC条約を愚弄する輩 | 反捕鯨団体への公開質問状と回答 | 定置網に混獲されたひげ鯨等の取り扱い | 座礁・混獲した鯨類への対処法

  JWA
JAPAN WHALING ASSOCIATION