日本捕鯨協会とは インフォメーション プレスリリース ニュース 捕鯨問題Q&A 捕鯨の歴史 勇魚・勇魚通信 捕鯨をめぐる世論 捕鯨に関する決議・宣言 クジラLINK
日本捕鯨協会
ホームページトップへ 日本捕鯨協会トップへ 英語ページへ
カンタン!おいしい!クジラ料理
 

■ クジラ肉の上手な解凍方法

赤身肉  

赤身肉の解凍方法

  真空パックされた冷凍赤身肉の解凍法

  1. 冷凍赤身肉の真空パックされたビニール袋に空気を入れるため、穴を開ける。
  2. 赤身の表面と芯部を均等に解凍するため、1.を新聞紙で包む。
  3. 2.を冷蔵庫の低い温度帯(0℃〜−1℃)の「パーシャル室」や「チルド室」にバットなどの容器を敷いて入れる。
  4. 150g〜250gの場合は24時間500g〜1kgの場合は48時間かけて解凍する。
  5. 24時間、または48時間解凍後、解凍赤身をビニールから出して、キッチンペーパーで拭く。
  6. 5.をキッチンペーパーを敷いたトレーに置き、上からラップしてお刺身など料理されるまで冷蔵庫で保管する。



使用する赤身が残る場合(500g〜1kg)
  • 24時間解凍後、半解凍された赤身をビニールから出して、必要な大きさに柵取りする。
  • 柵取りした赤身はラップに包む。未使用の分は冷凍保存。
  • 解凍使用する際は、さらに24時間、左記の3の通り解凍する。解凍後は左記の5,6に従い、使用する。

本皮の解凍方法
  1. 黒い皮の部分に熱湯をかけ、表面に浮いたフィルム状の膜を取り除く。
  2. 裏返して粗い繊維の部分を切り落とす。
  3. 中心部が凍った状態で切り分けて使う。


ポイント
(2)で切り落とした部分は、短冊切りにして3回湯通しし、酢みそなどで和えるとムダなくおいしく食べられる。


ページトップへ
← レシピ一覧に戻る
日本捕鯨協会とは | インフォメーション | プレスリリース | ニュース | 捕鯨問題Q&A | 捕鯨の歴史 | 勇魚・勇魚通信 | 捕鯨をめぐる世論 | 捕鯨に関する決議・宣言 | クジラLINK
IWC条約を愚弄する輩 | 反捕鯨団体への公開質問状と回答 | 定置網に混獲されたひげ鯨等の取り扱い | 座礁・混獲した鯨類への対処法

JWA
JAPAN WHALING ASSOCIATION