日本捕鯨協会とは インフォメーション プレスリリース ニュース 捕鯨問題Q&A 捕鯨の歴史 勇魚・勇魚通信 捕鯨をめぐる世論 捕鯨に関する決議・宣言 クジラLINK
日本捕鯨協会
ホームページトップへ 日本捕鯨協会トップへ 英語ページへ
お薦め書籍のご紹介
 
タイトル: クジラは海の資源か神獣か
著者: 石川 創 著
出版社: NHK出版
価格: 1,050円(税込み)
ISBN:9784140911723

タイトル: 鯨は国を助く
著者: 小泉武夫 著
出版社: 小学館
価格: 1,365円(税込み)
ISBN:9784093878975
タイトル: 闘え!くじら人
著者: 山際大志郎 著
出版社: 成山堂書店
価格: 1,890円(税込み)
ISBN:978-4-425-98181-6
鯨と生きる タイトル: 鯨と生きる
〜長崎のクジラ商 日野浩二の人生
著者: 日野浩二 著
菊森淳文 協力
出版社: 長崎文献社
価格: 2,100円(税込み)
(C) 長崎文献社
ISBN:4-88851-026-1

ページトップへ
よくわかるクジラ論争 タイトル: よくわかるクジラ論争
- 捕鯨の未来をひらく -
著者: 小松正之 著
出版社: 成山堂書店
価格: 1,680円(税込み)
ISBN:4-425-85211-7
わたしはクジラ岬にすむクジラといいます タイトル: わたしはクジラ岬にすむクジラといいます
著者: 岩佐めぐみ 作
高畠 純 絵
出版社: 偕成社
価格: 1,050円(税込み)
(C) 偕成社
ISBN:403501060X
戦争童話集・忘れてはイケナイ物語り タイトル: 戦争童話集・忘れてはイケナイ物語り
でかすぎるクジラの話
著者: 野坂昭如 原作
黒田征太郎 絵
出版社: NHK出版
価格: 1,785円(税込み)
(C) NHK出版
ISBN:4140360887
調査捕鯨母船 日新丸よみがえる タイトル: 調査捕鯨母船 日新丸よみがえる
火災から生還,南極海へ
著者: 小島敏男 著
出版社: 成山堂書店
価格: 2,205円(税込み)
ISBN:4425881311
クジラと日本人 タイトル: クジラと日本人
著者: 大隅清治 著
出版社: 岩波書店
価格: 735円(税込み)
ISBN:4004308356

ページトップへ
鯨類生態学読本 タイトル: 鯨類生態学読本
著者: 加藤秀弘・大隅清治
出版社: 生物研究社
出版日: 2006年10月2日
価格: 1,995円
クジラと日本人 タイトル: クジラと日本人
食べてこそ共存できる人間と海の関係
著者: 小松正之 著
出版社: 青春出版社
価格: 700円(税込み)
ISBN:4413040163
なぜクジラは座礁するのか? タイトル: なぜクジラは座礁するのか?
「反捕鯨」の悲劇
著者: 森下丈二 著
出版社: 河出書房新社
価格: 3,675円(税込み)
ISBN:4409530259
紛争の海 タイトル: 紛争の海
水産資源管理の人類学
著者: 秋道智彌/岸上伸啓 編
大曲佳世ほか著
出版社: 人文書院
価格: 3,675円(税込み)
ISBN:4409530259
くじら紛争の真実 タイトル: くじら紛争の真実
−その知られざる過去・現在,そして地球の未来−
著者: 小松正之 編著
出版社: 地球社
価格: 1,995円(税込み)
ISBN:4804990402

ページトップへ
美味しんぼ (13) タイトル: 美味しんぼ (13)
著者:
作:雁屋 哲、画:花咲アキラ
出版日: 1987年12月17日
出版社: 小学館(ビッグコミックス)
価格: 509円(税込)
(C) 小学館
ISBN:4091814034
地球の生物資源を抱きしめて タイトル: 地球の生物資源を抱きしめて
―野生保全への展望―
著者:
ユージン・ラポワント (訳者:三崎滋子)
出版日:
2005年11月15日
出版社:
新風舎
価格: 3000円(税込み)
書評: 「この本は、私たちが自然資源を大切に、
持続的に、順応的に管理していくための
重要な指針となるだろう。」
C.W.ニコル

  血を流すクジラたちの写真を見れば、人は誰しも憐憫の情を抱くものだ。これを格好の餌とし、募金・資金援助を募る。これほど効率の良い団体運営資金の調達方法はないだろう。クジラの生息調査を行うこともせず、単に「捕鯨反対」と声高に叫ぶことが収入に繋がるのである。
  食物連鎖が存在する自然界で、捕鯨禁止することが、クジラの餌となる魚類の不足を招き、結果、生態系の破壊を招くことを知るべきである。
  生態系のバランスを保てる生物資源の“持続的利用”こそが、クジラ保護・生物保護の正しい姿である。
  本書が、おかしな資金の流れを絶つきっかけとなり、野生保全への指針となるだろう。
江戸東京湾 くじらと散歩 タイトル: 江戸東京湾  くじらと散歩
―東京湾から房総・三浦半島を訪ねて―
著者:
小松正之
出版日:
2004年7月
出版社:
株式会社 ごま書房
(受注センター:0489-53-7516)
価格: 1200円+税
内容: 江戸東京湾とくじらの関係がわかるガイドブック。東京エリア・神奈川エリア・千葉エリアと、本書を片手に鯨に関わりのある博物館や名所、歴史を訪ねてみるのはいかがでしょうか?その他、鯨にまつわるコラムも充実しています。

クジラその歴史と科学 タイトル: クジラその歴史と科学
著者:
小松正之
出版日:
2004年6月
出版社:
ごま書房(受注センター:0489-53-7516)
内容: クジラの生物学、どう守るのかの管理、日本と世界の歴史と文化や現代の情勢を事実に即して、分かりやすく紹介してある本です。クジラの生態、クジラの食文化やクジラをモチーフとした江戸時代の浮世絵などの紹介、捕鯨が世界史や日本史の中でのそれぞれどのような位置付けがされているのか、またその違いなど、新しい観点からクジラについて学べる一冊。クジラと捕鯨に関する認識や理解をより一層深めることができます。
The History and Science of Whales タイトル: The History and Science of Whales
著者:
小松正之/三崎滋子 共著
出版日:
2004年6月
出版社:
ジャパンタイムズ社(03-3453-2013)
Japan Times Book Club:http://bookclub.japantimes.co.jp/english/index.html
内容: 『クジラその歴史と科学』に最新の情報を加えた英語の本。「身近な内容をやさしい英語で書いたものなので、海外はもとより、多くの日本の方々に読んでいただければ」(「共著者の言葉」より)。日本人にも是非読んで欲しい1冊です。
書評: 丹野 大(青森公立大学 経営経済学部 教授)
  本書は一見すると「オピニオン」だけのものと思われるが、鯨に関して科学的に調査された諸事実に基づいた見解を述べている。本書に記されている見解は、日本が国際捕鯨委員会において毎年述べていることの集約であり、従って日本人も理解すべきであろう。「英語で書かれている出版物は読まない」という姿勢を取り続ける限り、日本人は世界のあちこちで騙されてしまうということも、この著作を読めば日本人は理解できるであろう。
(一部抜粋:全文はこちらから→

ページトップへ
←戻る
日本捕鯨協会とは | インフォメーション | プレスリリース | ニュース | 捕鯨問題Q&A | 捕鯨の歴史 | 勇魚・勇魚通信 | 捕鯨をめぐる世論 | 捕鯨に関する決議・宣言 | クジラLINK
IWC条約を愚弄する輩 | 反捕鯨団体への公開質問状と回答 | 定置網に混獲されたひげ鯨等の取り扱い | 座礁・混獲した鯨類への対処法

JWA
JAPAN WHALING ASSOCIATION