日本捕鯨協会とは インフォメーション プレスリリース ニュース 捕鯨問題Q&A 捕鯨の歴史 勇魚・勇魚通信 捕鯨をめぐる世論 捕鯨に関する決議・宣言 クジラLINK
日本捕鯨協会
ホームページトップへ 日本捕鯨協会トップへ 英語ページへ
インフォメーション 捕鯨協会からのお知らせ
 
2006年
12月7日

鯨と食文化を語る市民の集い

チラシ表
→拡大

開催日時:平成18年12月7日(木)

開場:17:00/開演:17:30/19:30閉会

会場:長崎ブリックホール国際会議場

定員:500名

入場料:500円(鯨弁当付)

主催:クジラ食文化を守る会

後援:水産庁・長崎県・長崎市・ながさきの「食」推進委員会・長崎くじら食文化を守る会・(財)ながさき地域政策研究所・日本捕鯨協会・海の幸に感謝する会

参加申し込み窓口
長崎市水産部水産振興課
〒850-0033 長崎市万才町8-22朝日ビル5階
電話:095-820-6563  FAX:095-827-6513
Eメール:suisan_shinko@city.nagasaki.lg.jp

基調講演「クジラと私」
クジラ食文化を守る会 副会長 林家木久蔵(落語家)
 
パネルディスカッション:「日本のクジラ、長崎のクジラ」
パネリスト:
林家木久蔵(落語家・クジラ食文化を守る会副会長)
川島朋子(学校法人 川島学園副学園長・エコール・ド・パティスリー長崎校長)
伊東一長(長崎市長)
クジラ食文化を守る会 会長 小泉武夫(東京農業大学教授)
コーディネーター:
菊森淳文(財団法人 ながさき地域政策研究所常務理事)

参加申込方法
参加ご希望の方は、電話・ファックス・Eメールのいずれかで、長崎市水産振興課までお申込下さい。先着500名様に、入場受付票をお送りいたします。
記入事項:郵便番号、住所、氏名(参加者全員)、電話番号、ファックス番号。
電話受付:9時〜17時(土日祝日休)
事前申し込みが必要です。当日は、必ず入場受付票をご持参の上、受付にて入場料(500円)をお支払いください。
(注)小さなお子様連れでのご入場はご遠慮ください。

長崎市水産部水産振興課
〒850-0033 長崎市万才町8-22朝日ビル5階

★メールでのお申込み
→E-mail:suisan_shinko@city.nagasaki.lg.jp

★電話でのお申込み
→095-820-6563(受付時間:9:00〜17:00・土日祝休)

★ファックスでのお申込み
→095-827-6513


11月3日〜5日

「ふるさと農林水産フェア 秋 〜食と緑の収穫祭〜」


実施日時:2006年11月3日(金・祝)〜5日(日)

会場:愛知県体育館

入場料:
前売り600円(500円相当のお買い物券つき)
当日900円(500円相当のお買い物券つき・入場料のみは600円)

開催内容:
愛知県体育館に、約150ブース、コーナーが集合。
農林水産フェア、国際交流ゾーン、レストランゾーン、青空市場イベントスペース、企画展示ゾーンなど、「食育」「地産地消」をテーマにした展示や販売が展開されます。
(参照HP:http://event.chunichi.co.jp/furusato/

主催:ふるさと農林水産フェア・秋実行委員会(構成・愛知県、名古屋市、中日新聞社、東海テレビ放送)

後援:東海農政局、中部森林管理局、駐名古屋韓国総領事館、独立行政法人水資源機構中部支社、独立行政法人日本スポーツ振興センター名古屋支所、JAグループ愛知、愛知県畜産協会、愛知県森林組合連合会、愛知県漁業協同組合連合会、愛知県市長会、愛知県町村会、愛知県食品産業協議会、愛知県歯科医師会、愛知県栄養士会、名古屋商工会議所、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、東海ラジオ放送

協賛:JTB中部、サッポロ、EIDEN、APiTA、ユニー、愛知県韓国商工会議所、愛知県韓国人経友会、名古屋市みどりの協会、トヨタ自動車、ベネッセコーポレーション、THE WESTIN、ASIANA AIRLINES


10月28日〜29日

「第26回 全国豊かな海づくり大会 〜響きあう人と海とのシンフォニー」


実施日時:2006年10月28日(土)*佐賀会場のみ〜29日(日)

会場:
佐賀会場 「佐賀市文化会館」…式典行事
「佐賀県総合運動場」…関連行事
 
唐津会場 「唐津東港」…放流行事、海上歓迎行事
東与賀町 「干潟よか公園」

開催内容:
 全国豊かな海づくり大会は、魚や貝などの水産資源を保護し増やすことと、海の自然環境を守ることの大切さを、みんなで考える大会です。昭和56年から海のある都道府県で毎年開催されています。
 
 第26回大会は、平成18年10月29日に佐賀県で開催されます。佐賀市、唐津市、東与賀町を開催場所として、玄海・有明海という「ふたつの海」を有する佐賀県にふさわしい大会とします。
 
佐賀会場 … 物産コーナー、おさかな広場(イベントなど)、飲食コーナー、さが発見コーナー
唐津会場 … 体験・展示コーナー(おさかなタッチプールなど)、物産コーナー、大漁釣り堀
東与賀会場 … 海上歓迎・放流行事
 
*詳しいイベント内容など、下記HPをご覧ください。
豊かな海づくり大会佐賀県実行委員会
(参照HP:http://www.pref.saga.lg.jp/at-
contents/shigoto/suisan/umidukuri/index.html


10月13日〜15日

「晴海流風土 にっぽんのうまいもん市」


実施日時:2006年10月13日(金)〜10月15日(日)
            11:00〜18:00

会場:晴海トリトンスクエア 水のテラス及び桜の散歩道

開催内容:ゴールデンウィークに好評を得た「ふるさと物産展」を、実りの季節である秋にイベントとして開催します。
全国から集まった「うまいもん」が集う屋台ブースをはじめ、今回はロハスドッグフェアも同時展開。
キャラクターショーなどのイベントも開催し、味覚の秋・健康の秋にふさわしいおもしろ市です。

主催:晴海トリトンにっぽんのうまいもん市実行委員会

後援:東京都中央区、株式会社晴海コーポレーション、朝潮運河ルネッサンス協議会、住商アーバン開発株式会社

会場アクセス
●電車
・都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅下車A2a・b出口(月島駅側)より徒歩4分
・東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線「月島」駅下車10番出口より徒歩9分
●バス
・都バス(都03)数寄屋橋〜銀座四丁目〜晴海トリトンスクエア前下車
・都バス(都05)東京駅丸の内南口〜晴海トリトンスクエア前下車
※バス停は主要箇所のみを表記しています。
●乗用車
・首都高速道路・銀座IC下車、晴海勝どき方面に直進して約10分
※トリトン・パーキング有り


9月3日

鯨と食文化を語る市民の集い

チラシ表
→拡大
チラシ裏
→拡大

開催日時:平成18年9月3日(日)  16:30〜19:00
※鯨弁当を配ります

会場:石巻グランドホテル 2階「天翔の間」

入場:400名(参加費500円/人)

主催:クジラ食文化を守る会

後援:水産庁、石巻市、日本捕鯨協会、海の幸に感謝する会、石巻市水産振興協議会、(社)石巻観光協会

参加申し込み窓口
石巻市産業部水産課
〒986-8501 宮城県石巻市日和が丘1-1-1
電話:0225-95-1111(内461)  FAX:0225-96-1023
Eメール:suisan@city.ishinomaki.miyagi.jp

◆プログラム(予定)
16:00 開場
16:30 開演
開催地挨拶  土井喜美夫(石巻市長)
主催者挨拶  小泉武夫(クジラ食文化を守る会会長)
16:40〜17:10 基調講演
あん・まくどなるど(宮城大学国際センター助教授)
17:10〜17:20 休憩
17:20〜19:00 パネルディスカッション
テーマ「日本人にとってのクジラとは?」(仮題)
パネリスト/パネリスト あん・まくどなるど(宮城大学国際センター助教授)、吉川美代子(TBSアナウンサー)、土井喜美夫(石巻市長)、小泉武夫(クジラ食文化を守る会会長)
コーディネーター 森下丈二(水産庁漁業交渉官)
19:00 閉会

3月18日

鯨と食文化を語る市民の集い

チラシ表
→拡大
チラシ裏
→拡大

開催日:平成18年3月18日(土曜日)

開催時間:開場 14時30分 / 開演 15時00分 / 閉会 17時30分  ※閉会後、鯨料理の試食会

会場:サンエールかごしま(講堂)
    (鹿児島市荒田1-4-1  電話 099-813-0850)

入場:入場料500円(定員400名。参加には事前申し込みが必要です。申し込み方法は下記参照

主催:クジラ食文化を守る会

後援:日本捕鯨協会・海の幸に感謝する会

交通:
●鹿児島中央駅より市営バス13番線にてサンエール前停留所下車
●市電交通局前停留所より徒歩約5分
●市電中州通停留所より徒歩約8分
※ご来場の際は、公共の交通機関をご利用ください。

◆当日プログラム
14:30 開場
15:00 開演/主催者挨拶
小泉武夫(クジラ食文化を守る会 会長・東京農業大学教授)
15:05 基調講演「〜鯨にのった西郷さん〜」
菅原文太(俳優)
15:40 休憩
15:50 パネルディスカッション「日本人にとってのくじらとは?」
パネリスト/菅原文太・島津菜津(作家)・日高 旺(鹿児島純心女子短期大学講師・元 南日本新聞社社長)・小泉武夫
コーディネーター/木元教子(評論家・ジャーナリスト)
17:30 閉会後、鯨料理の試食会
※参加申し込みは締め切らせていただきました。
たくさんのお申し込み,ありがとうございました。

参加申込方法
参加ご希望の方は、電話・ファックス・Eメールのいずれかの方法で、日本捕鯨協会事務局までお申し込みください。先着400名様に、入場受付票をお送りいたします。
記入事項:郵便番号、住所、氏名(参加者全員)、電話番号、ファックス番号。
電話受付:9時〜17時(土日祝日休)
事前申し込みが必要です。当日は、必ず入場受付票をご持参の上、受付にて入場料(500円)をお支払いください。
(注)小さなお子様連れでのご入場はご遠慮ください。

日本捕鯨協会:〒104-0055 東京都中央区豊海町4-5

★メールでのお申込み・お問合せ
→E-mail:secretariat@whaling.jp

★電話でのお申込み・お問合せ
→03-5547-1940(受付時間:9:00〜17:00・土日祝休)

★ファックスでのお申込み
→03-5547-1941


ページトップへ

  2002年2003年2004年2005年/2006年
お薦めの書籍
地球の生物資源を抱きしめて
ユージン・ラポワント 著
地球の生物資源を抱きしめて


江戸東京湾  くじらと散歩
小松正之 著
江戸東京湾  くじらと散歩
江戸東京湾とくじらの関係がわかるガイドブック。

クジラその歴史と科学
小松正之 著
クジラその歴史と科学
クジラの生物学、どう守るのかの管理、日本と世界の歴史と文化や現代の情勢を事実に即して、分かりやすく紹介してある本です。

The History and Science of Whales
小松正之/三崎滋子 共著
The History and Science of Whales
『クジラその歴史と科学』に最新の情報を加えた英語の本。

日本捕鯨協会とは | インフォメーション | プレスリリース | ニュース | 捕鯨問題Q&A | 捕鯨の歴史 | 勇魚・勇魚通信 | 捕鯨をめぐる世論 | 捕鯨に関する決議・宣言 | クジラLINK
IWC条約を愚弄する輩 | 反捕鯨団体への公開質問状と回答 | 定置網に混獲されたひげ鯨等の取り扱い | 座礁・混獲した鯨類への対処法

  JWA
JAPAN WHALING ASSOCIATION