本文へスキップ

新しい視点で○○○を活動する Japan Whaling Association

捕鯨の歴史schedule

年代 出来事
紀元前7000年頃 縄文時代人が鯨を利用し始める
12世紀 日本で突き取り式捕鯨が始まる
1606年 太地で組織的な捕鯨が始まる
1675年  太地で網取式捕鯨法が考案され 
1864年  ノルウェーが近代捕鯨を開発する 
1899年  日本がノルウェー式近代捕鯨を導入する 
1904年  ノルウェーが南極海捕鯨を始める 
1924年 ノルウェーが南極海で母船式捕鯨を始める 
1934年  日本が南極海で母船式捕鯨を始める 
1946年  国際捕鯨取締条約が米ワシントンで調印される 
 〃 日本がGHQの許可の下、南極海で捕鯨を再開する 
1948年  国際捕鯨委員会(IWC)が設立される 
1951年  日本がIWCに加盟する 
1982年 IWCで商業捕鯨モラトリアムが採択される 
1987/88年  日本は商業捕鯨を中断し、南極海で調査捕鯨(JARPA)を開始する 
1994年  日本は北太平洋で調査捕鯨(JARPN)を開始する 
2005/06年 日本は第二期南極海鯨類捕獲調査(JARPAU)を開始する 
2000年  日本は第二期北西太平洋鯨類捕獲調査(JARPNU)を開始する 
2014年  国際司法裁判所は日本に対しJARPAUの自粛を求める 
2015/16年  日本は新南極海鯨類科学調査(NEWREP-A)を開始する 
2017年  日本は新北西太平洋鯨類科学調査(NEWREP-NP)を開始する